バイセクシャルの悩みはコレ!結婚の事など辛い心理状態を紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
あなたの心の奥にある悩みの解決法、辛い気持ちから抜け出せる方法、本当に幸せになる為の方法を、お伝えします。

当たりすぎて絶句…多くの方を幸せに導いた「奇跡」のスピリチュアルの架け橋の鑑定で、あなたが本当に幸せになれる方法をお伝え致します。

※オトナ女子に大人気!

バイセクシュアルの場合、異性間の恋愛とは違い深い悩みが生じることがあります。

ここではバイセクシュアルの人特有の恋愛や結婚についての悩みと辛い心理状態を紹介します。

セクシュアルマイノリティだからこそ誤解されやすい

海外セレブや日本の芸能人もバイセクシュアルであることをカミングアウトしたり、LGBTの運動が行われたりするようになり、比較的認知されつつあるバイセクシュアルですが、まだ、よくわからない人も多く、理解されない存在でもあります。

バイセクシュアルは、同性異性関係なく人を好きになり、恋愛することができることから、さまざまな誤解を生じやすいです。

例えば、理解のない男性と付き合ってしまった場合には、女性ともセックスすることができると誤解され、女性とのセックスを見たいと強要されたり、複数の人と恋愛できる、または男性女性どちらでも寝るのだろうと言った、「性的に奔放」というイメージを勝手に持たれたりするのです。

また、レズビアンやゲイとは違い、異性とも恋愛できることを理由に、同性愛のコミュニティーからも敬遠されがちです。

このようにバイセクシュアルは、男性よりも女性に多いとされながらも、同じように性で悩む人からも理解されにくいという側面があるのです。

他の同性、異性にも気が向くのではないかという誤解

バイセクシュアルの人が恋愛をした場合、相手がレズビアンやノンケの場合には、嫉妬の対象が同性、異性と向かうため、本当の気持ちが理解されにくいのも本音です。

中が深まれば深まるほど、相手に「前に付き合った人がどっちの性であったか」という疑念を抱かせたり、「外の異性(または同性)に心がわりするのではないか」という不安を感じさせたりしてしまいます。

決して誰でも好きになるという意味合いではないバイセクシャルですが、そのように誤解されてしまいがちです。

異性にしろ、同性にしろ、好きになる人はただ一人だと言っても、なかなか信頼してもらえないところもあることでしょう。

性的嗜好が少数派であるからこそ、本命にもなかなか理解してもらえない場合もあるのです。

同性同士の結婚はどうするか

女性のバイセクシュアルの場合、男性とも恋愛ができることから、結婚や妊娠など人生においてもイベントにとって大きな悩みもあることでしょう。

まず、女性同士の結婚は法的には認められていません。2015年に世田谷区で同性婚が認められましたが、こうした制度に周囲がまだ追いついていないといった感は否めません。

バイセクシュアルの人が同性同士で結婚をした場合には、どちらが妻で夫なのか周囲に理解されにくいということもあります。

また、子どもが欲しいと望んだ場合には、妊娠出産はどちらも可能であることから、どちらかが妊娠すればよいのではと簡単に考えがちですが、もし体外受精などで子どもを出産することができても、認知をどうするかなど、法的に難しい問題も出てきます。

さらに子どもを育てる中でも、どちらが父で母なのか、子どもに説明するのも困難になることは想像に難くありません。

異性との付き合いはどうするか?結婚は?

異性間の付き合いや結婚は、特に大きな障壁もなく済みそうですが、やはり相手の理解がどの程度まであるのかということに尽きるように思います。

前に付き合っていたのが女性だと知ってしまったら、どのような反応をするのか、カミングアウトすべきか悩んでしまいそうです。

同性でも理解があり、深くパートナシップを築いている場合には、受け入れてもらえる可能性は多少ありそうですが、トラブルの原因になる可能性もはらんでいます。

あなたは、本当の意味での幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛や人生、誰にも言えない悩みに特化した初回無料のメール占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で気になる彼との悩みが、なくなった」

「今まで踏んだりけったりの人生だったけど、何もかも上手くいくようになった」

と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

勿論、2つとも利用しても初回無料なので、まずはプロの占い師の幸せになれる鑑定結果を是非受け取ってみてくださいね。



バイセクシュアルの人と異性間の恋愛の場合には、女性との浮気を疑われる場合もあるからです。

自分の性的嗜好を相手に伝えるのは、相手の性格や性的マイノリティについての理解がどの程度あるのかにもよるのではないでしょうか?

周囲へのカミングアウトから差別を受けることも

まだまだ世間の理解が追いついていないバイセクシュアルについて、カミングアウトをもうまくいく例と、差別を受けてしまう場合があります。

保守的な日本においては、性嗜好の話題は特にタブーとされているところもあり、いわれのない差別を受けたり、偏見を持った視線を投げられたりすることも少なくありません。

また、同性からは「自分も恋愛対象にされるのではないか」異性からは「性的に奔放」と言った好奇の目で見られる可能性も高いのです。

さらに面白半分に失礼な質問や提案を受けることも。

例えば、

「いつ自分がバイだと気が付いた?」

「どちらが女役で男役?」

「性欲が強いからバイなの?」

「自分の友達にレズビアンがいるから紹介しようか?」

「バイの友達って興味があるから友達になって」

など、バイセクシュアルの人の気持ちを考えない不躾な質問をされる場合もあるのです。

なかなか理解されない家族へのカミングアウト

バイセクシュアルで同性との結婚を考えている場合、入籍こそしなくとも親への報告は避けて通れない大きな関門です。

自分の家族にどう認めてもらうのか、結婚することについて受け入れてもらえるのか、はもとより、相手の両親や家族にどのように話すか悩ましい問題です。

世間体を気にする親や孫が欲しいと言われてしまうこともあるでしょう。

また、差別的な思考や視線を投げかける家族もいるかもしれません。

同性婚であっても家族に伝えておく必要があるのは、パートナーに万が一の事があった時に、声をかけて、配偶者として扱ってもらえないことがあるからです。

一番の理解者であってほしい家族ですが、カミングアウトを受け入れてもらえないことも想定し、しっかりとパートナーと話し合い、根気よく認めてもらえるように努力する必要があるでしょう。

お互いの宗教観で理解されないことも

宗教の中には同性愛を認めないものも存在します。

世界中でLGBTへの理解を深めるための運動が起こっており、寛容的になりつつあるものの、歴史の深い宗教の教えの中には、認めないというものもあります。

またそのような宗教観を持つ政治も存在しています。

男女でないと家族が形成されないという考えに基づいている宗教観を持つパートナー、もしくはその家族がいる場合、バイセクシュアルであることは、理解できても関係を許されないことも。

結婚または生涯を共にするパートナーが見つかった場合には、互いの気持ちだけでなく、宗教や政治的背景を踏まえ、慎重になる必要がありそうです。

恋愛感情だけでは難しい、バイセクシュアル特有の悩み

男女の恋愛と違いバイセクシュアルを深く理解している人が多くはない中で、自分たちの恋愛やスタイルを貫くためには、自分らしくあるためにそれ相応の覚悟が必要かもしれません。

時と場合によっては、相手や相手の家族に自分の性的嗜好をカミングアウトすることも慎重にならざるを得ない場合もあります。

相手の性格や自分たちに置かれている状況を見極めながら、自分が相手とどのような関係を築きたいかというところに着目すると、辛い悩みを解決する糸口が見つかってきそうです。

心の深い部分でつながっているバイセクシュアルのカップルだからこそ、互いに話し合い、二人で乗り越えていってほしいものです。

リビドーロゼ

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

コチラの記事を読んでくれてありがとうございます!

今日は、あなたにとって特別な日になります。

あなたは神様のお告げを信じますか?

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、神様のお告げを聞く事が出来ると、自分の潜在意識や、近い未来で起こる恋愛や運命の人との出会いなど、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがコチラの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

こちらの記事のような悩みにぴったりの占いです♪

いつも頑張ってるあなたへ!是非、初回無料の【神言鑑定】鑑定を試してみてくださいね!

※20歳未満は利用できません。





今、あなたに本当の奇跡が舞い降りる!

今話題の実力派鑑定士があなたお思え描く

輝かしい未来へとつなぐ架け橋となります。

なんと今なら初回鑑定料が無料!