アセクシュアル(無性愛)とノンセクシュアル(非性愛)とは?

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
あなたの心の奥にある悩みの解決法、辛い気持ちから抜け出せる方法、本当に幸せになる為の方法を、お伝えします。

当たりすぎて絶句…多くの方を幸せに導いた「奇跡」のスピリチュアルの架け橋の鑑定で、あなたが本当に幸せになれる方法をお伝え致します。

※オトナ女子に大人気!

マイノリティな恋愛の形や性的趣向はさまざまです。

LGBT以外にもアセクシュアルやノンセクシュアルという趣向を持っている人もいるのです。

人を好きになる感情を持たない人や性的興味を感じない人など、マイノリティな性的趣向を持っている人の中には、何か特定の原因があってそのような性的趣向を持っているという人も少なくありません。

このようなマイノリティな性的趣向を持っている人について、言葉の意味と特徴、原因について詳しく説明していきます。

また、自分がアセクシュアルやノンセクシュアルではないかと思って悩んでいる人には自分でできる診断もご紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

アセクシュアル(無性愛)とノンセクシュアル(非性愛)はどう違うの?

人を好きになったことがない、異性同性どちらにも性的な感情を抱くことがないという人もいることでしょう。

それはただ、出会いがなく今まで恋愛をする機会がなかったというだけかもしれません。

もしくは、まったく恋愛感情を持つことができないという人や性的感情を抱くことすらないという人かもしれません。

こうした性的趣向を持つ人をアセクシュアル(無性愛)とノンセクシュアル(非性愛)と呼びます。

この二つの性的趣向は似ているようで、意味が異なります。

同じように「人を好きになることがない人」という性的趣向を持っている人ですが、どのように違うのでしょうか。

アセクシュアル(無性愛)とは?

アセクシュアル(無性愛)とは、他人に対して恋愛感情も性的欲求を抱くことがない人の事を指します。

アセクシュアルの人は「出会いがない」「誰かを好きになってみたい」「ちょっと気になる人がいる」というような他人に対して抱く恋愛感情を持つことがありません。

そのうえ、魅力的な異性や同性を見ても触れてみたい、セックスをしてみたいという感情を抱くことがないのです。

アセクシュアルの人は「アセク」「Ace(エース)」と呼ばれることが多く、セクシュアルマイノリティに分類されます。

ノンセクシュアル(非性愛)とは?

一方ノンセクシュアル(非性愛)の人は他人に恋愛感情を持つことがあっても、性的感情を持つことがない人の事を指します。

アセクシャルと異なる点は「恋愛感情を抱く」という点です。

恋愛はできるけれど性的な感情を抱くことがない、恋人はいるけれど、まったくセックスに対する感情が湧かないという場合には、ノンセクシュアルとなるのです。

そもそも他人に対して性的感情を持つことがない人なので、EDやトラウマによってセックスができないという人のように加齢や心理的、または環境的な要因で一時的に性的欲求がない、したくてもできないという状況とは異なります。

ノンセクシュアルの人は「ノンセク」と略して呼ばれることが多いです。

アセクシュアル(無性愛)の人が受ける間違った印象

アセクシュアルやノンセクシュアルの人は、他人から間違った印象を受けやすいのも事実です。

アセクシュアルの人には恋愛感情は抱けなくても、友人に対する愛情や家族愛はありますが、アセクシュアルと聞いただけで「冷酷な人」「人を愛することができない、冷たい人」という印象を持たれてしまうこともあります。

恋愛感情を持てないだけで、その人自身は優しい人や、他人を思いやることができる人も多いものです。

その人の本質を知らないで、アセクシュアルとカムアウトされただけで「冷たい人」と思うことは、その人自身を否定することになるので間違った知識で判断するのは危険といえるでしょう。

あくまでも「恋愛的な感情を持たない人」として接することが大切です。

アセクシュアル(無性愛)とノンセクシュアル(非性愛)になる原因は?

アセクシュアルやノンセクシュアルはホルモン分泌の異常や精神的疾患、または先天的なものが原因である場合があります。

ストレスや環境ホルモンなどが原因となっていることも考えられます。

昨今では「草食系男子」という言葉も聞かれ、性に関して意識が薄い若者も増えています。

特に日本では「性」については「いやらしいもの」「汚いもの」「オープンにしてはいけない」と教えている家庭も多く、社会においても性的な表現についてはセンシティブです。

このような環境下では、子ども時代から「性については触れてはいけない」ものとされていることが多く、性について考えてはいけないと蓋をしてしまう若者もいるのです。

そのため、若い世代の中には自分自身で「アセクシュアル」である「ノンセクシュアル」であると思い込んでいる場合もあるのです。

若い世代(特に20代以下)の場合には、恋愛をする機会や経験が少ないこともあるため、自己判断で思い込んでしまう場合がありますが、恋愛やきっかけで、性的に旺盛になることもあることもあります。

また、子ども時代からの環境として性的虐待を受ける、または愛情不足や偏った愛情を注がれて育った場合にも、トラウマとなり、自己防衛本能として意識的に恋愛や性に対して感情を持たないようにすることもあります。

あなたは、本当の意味での幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛や人生、誰にも言えない悩みに特化した初回無料のメール占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で気になる彼との悩みが、なくなった」

「今まで踏んだりけったりの人生だったけど、何もかも上手くいくようになった」

と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

勿論、2つとも利用しても初回無料なので、まずはプロの占い師の幸せになれる鑑定結果を是非受け取ってみてくださいね。



特に性的な関心が高まる思春期や10代後半に恋愛や性に関する話を周りの友達が始めることで、もしかしたら自分はアセクシュアル(またはノンセク)かもと思い始めることもあるかもしれません。

このような場合には、心理的要因が大きく作用されるため、自分にあった精神科医や臨床心理士のカウンセリングを受けることで、アセクシュアルやノンセクシュアルから解放される可能性もあります。

「人を好きになりたい」「恋人と良い関係を作りたい」「将来1人で生きていくことが不安だ」などと悩んでいる場合には、専門家に相談してみることで解決できる場合もあります。

専門家の診断を受けなくても、自分自身の性的趣向がわかることで、周りの人に合わせたり、比べたりすることもなくなるため、精神的に楽になることができます。

こちらでは、自己診断できるテストをご紹介しています。

「もしかしたら」と思っている人は、自分の趣向を認める判断材料に参考にしてみてくださいね。

アセクシュアルorノンセクシュアル診断をしてみよう

基本的にアセクシュアルもノンセクシュアルも自分自身で自覚することがなければ、気がつかないケースが多いものです。

また現段階では、コレといった診断方法がないため、無自覚のまま一生を終えることもあるのです。

「もしかしたらそうかもしれない」と思っている人や、恋人がいるけれどどうしても愛せない、性的感情が湧かないなど、悩んでいる場合の参考にしてみてください。

自分でできるアセクシュアル診断

人を愛することも、性的な感情を持つことも難しいと思っているアセクシュアルの場合、自分自身で自覚症状を持つことで「もしかしたらアセクシュアルではないか」と気がつくことがあります。

・小説や漫画、ドラマや映画などの恋愛話に全く興味がない

・性に興味がない、もしくは嫌悪感を抱く

・恋愛や結婚よりも趣味や仕事で自分の人生を楽しみたい

・30代になっても恋愛経験がない

・30代になってもセックスの経験がない

・友達の恋愛話に全く興味がわかない、会話についていけない

もちろん、恋愛経験や性体験については年齢を重ねていても「機会がなかったから経験がない!」という人もいることでしょう。

しかしアセクシュアルの場合には、機会があるなしに関わらず、恋愛そのものに興味関心が低いということが特徴なのです。

ノンセクシュアル診断はコレ

恋愛をすることができても、性的行為ができない、性に関心が湧かないということはありませんか?

ノンセクシュアルの人の場合、恋人がいても性的な行為が行えない、苦痛を伴うこともあるため、相手の人に「浮気をしているのではないか」「性的に不能なのではないか」「同性愛者(もしくは異性愛者)なのではないか」などと疑われてしまうこともあります。

ノンセクシュアルの人の場合には、相手に対して恋愛感情を抱き、大切に想っているだけに、相手から受ける誤解や相手の性的欲求を満たしてあげることができないことで苦しむこともあるのです。

例えば

・恋人がいて恋愛感情を持っているが性的な関係を結べない

・肉体関係を持つことに嫌悪や抵抗を感じる

・性的な妄想やマスターベーションはできるが、パートナーと性的な関係になることができない

・将来的に結婚して子どもは欲しいが、できれば人工授精が良い

・恋人とは手を繋いだり、キスをしたり、抱き合って眠りたいが、エッチはしたくない。

などの性的趣向が考えられる場合には、ノンセクシュアルの可能性が高いです。

ただし、精神科医などの専門家であっても、ノンセクシュアルの明確な判断や診断基準はないことから、自分の恋愛や性に対する許容範囲がどの程度なのか自分で認めることから始め、パートナーに理解してもらうことが大切です。

アセクシュアルもノンセクシュアルも個性のひとつ

外見などでは判断が難しく、同性愛者や病気などで一時的に性的不能となっているものでもないことから、周囲から理解されることが難しい性的趣向。

特にアセクシュアルやノンセクシュアルの人はマイノリティであることから、1人で悩みを抱えていることも多いのです。

まずはこちらの自己診断で自分がアセクシュアル、ノンセクシュアルであることを認めることで精神的に楽になることから始めてみてはいかがでしょう。

自分はマイノリティであることを認めることで他人と比べ、焦る必要がなくなってきます。

それでもどうしても苦しいという場合には、専門家の指示を仰ぎ、カウンセリングや専門的な治療を検討してみてもよいのではないでしょうか。

リビドーロゼ

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

コチラの記事を読んでくれてありがとうございます!

今日は、あなたにとって特別な日になります。

あなたは神様のお告げを信じますか?

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、神様のお告げを聞く事が出来ると、自分の潜在意識や、近い未来で起こる恋愛や運命の人との出会いなど、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがコチラの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

こちらの記事のような悩みにぴったりの占いです♪

いつも頑張ってるあなたへ!是非、初回無料の【神言鑑定】鑑定を試してみてくださいね!

※20歳未満は利用できません。





今、あなたに本当の奇跡が舞い降りる!

今話題の実力派鑑定士があなたお思え描く

輝かしい未来へとつなぐ架け橋となります。

なんと今なら初回鑑定料が無料!