お遍路でやってはいけないタブーがある!正しいマナーや作法と服装やお参りの仕方

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
あなたの心の奥にある悩みの解決法、辛い気持ちから抜け出せる方法、本当に幸せになる為の方法を、お伝えします。

当たりすぎて絶句…多くの方を幸せに導いた「奇跡」のスピリチュアルの架け橋の鑑定で、あなたが本当に幸せになれる方法をお伝え致します。

※オトナ女子に大人気!

仏閣を回るのが好きな人や旅好きの人はもちろん、仏閣を巡ることで心の平安をもとめて四国八十八か所のお遍路さんをする人が増えてきています。

古くは信仰の対象としてお遍路さんをおこなう人が多かったのですが、最近では御朱印集めを趣味とする人も増えて、お遍路さんを制覇したいという人もいます。

お遍路さんを回ろうとするときには、いくつかルールやタブーが存在します。

そもそもお遍路さんってどういう意味なの?

服装は決まっているのか?

持っていくものは?

お参りの仕方は?

やってはいけないタブーってどんなこと?

お接待ってどんなこと?

など、初めてお遍路を巡るときに知っておくと困らない、やってはいけないタブーやマナーなどを詳しく解説しています。

神聖な仏教の修業の場が遍路道!宗派や参拝などを知っておこう

お遍路は歴史ある修行のメッカ

お遍路とは弘法大師にゆかりのある、寺院八十八か所すべてのことを指します。

もともとは室町時代から険しい山々などにある神社も含めてすべての寺院を巡る修行が始まりでしたが、江戸時代からは庶民も参拝しても良いことになり現代に至っています。

参拝した人がお寺に札を掛けたことが由来となり、それぞれの寺院を「〇番札所」と呼んでいます。

お遍路さんの宗派は仏教が基盤

お遍路のそもそもの宗派は、仏教の真言宗です。

真言宗以外にも臨済宗、曹洞宗、天台宗、時宗の宗派のお寺が四国八十八か所に存在しています。

弘法大師にゆかりのある神社にはそれぞれエピソードがあり、弘法大師のひととなりや神通力、その当時の歴史的背景、地理的な特徴なども知ることができますよ。

歩き遍路以外にもバスや車で参拝する方法もある

お遍路さんというと、四国の山を登り、長い道のりを歩くイメージを持っている人もいらっしゃるかもしれません。

一般的なお遍路さんのイメージは歩いて巡礼する「歩き遍路」と考える人も多いのではないでしょうか?

お遍路は、四国4県すべてにお寺が存在し、次の札所や宿泊施設までの道も長く険しいことも少なくありません。

そのためバスのツアーや車、バイク、自転車などを使って、個人で巡ったりする人も多くいます。

お遍路をするときには、徒歩だけにこだわる必要もありませんし、一度に何日もかけて八十八か所すべてを巡らなくても構わないのです。

歩き遍路が正しい参り方であると決めつけてしまわないようにし、心を穏やかにお遍路の旅を味わうことが大切です。

お遍路の「順打ち」や「逆打ち」って?ルートの違いを知る

お遍路さんをどこから巡るのか気になる人もいますよね。

「順打ち」と「逆打ち」という巡り方があり、徳島県にある1番札所(霊山寺)から順番に巡る「順打ち」といい、香川県にある88番札所(大窪寺)から巡る「逆打ち」と呼ばれています。

「逆打ち」は、実はうるう年に巡るのがとよいとされていて、通常の3倍のご利益があるとか。

「逆打ち」は順路が険しく難しいルートですので、お遍路さんを何度か巡っていてコースを熟知している人向けのルートといえるでしょう。

また順路にこだわらず行きたいところから参拝するのもアリですので、好きなお寺からまわってみるのもおすすめです。

お遍路の服装や持ち物は?白装束はマストアイテム?

お遍路さんの白装束は聖地をめぐる正装

お遍路さんの正しい服装は

白衣(はくえ)や輪袈裟(わげさ)と菅笠を身につけ、金剛杖を手に持つのが本格的なスタイルです。

それぞれの衣服には意味があります。

昔はかなりキツイ修行でいつ命を落としても仕方がないほどの苦行とされていたことから、白衣は死装束の意味も込められていました。

白衣や菅笠には「同行二人」という文字が書かれています。

弘法大師様と一緒に巡礼するという意味になり、宗教色の強い言葉になっています。

輪袈裟は法衣の中でも、最も必要最小限のシンプルな正装になります。

いわゆる僧侶の袈裟を簡略化したものと考えておくとよいでしょう。

輪袈裟を身につけている場合、食事のときやトイレに行くときは外すようにしましょう。

手に持つ金剛杖は、中は卒塔婆の形になっていて、弘法大師の身代わりとして大切に扱います。

菅笠も内側には「同行二人」の文字が書かれています。

お遍路は弘法大師様と一緒に回る「修行」の意味合いが強いものであることがわかりますよね!

普段着だってOK!簡略化した服装でもお遍路さんはできる

お遍路さんを始めるときに、必ずしも正装でお参りしないといけないというわけではありません。

白衣を上に羽織るあるいは、輪袈裟だけ身に着けるという人以外にも、動きやすい普段の服装の人も多く参拝しています。

普段着で気楽にお参りする人も多くいるので、「白衣を身につけていないから恥ずかしい」あるいは「お遍路に来るのに白衣も持っていないなんて!」など、自分やお参りをするほかの人を見下したりすることのないようにしましょう。

お遍路巡りに必要なグッズ

お遍路を参拝するときに必要なものには、数珠、ろうそく、線香、ライターなどの着火具、経本、納経帳、納札があります。

納札は、本堂や大師堂に収めるのはもちろん、お接待を受けたときにお礼や名刺代わりに渡すようにします。

参拝するのに必要な道具類は、参拝途中の道の駅やインターネット、仏具屋さんなどでも購入することができます。

あなたは、本当の意味での幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛や人生、誰にも言えない悩みに特化した初回無料のメール占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で気になる彼との悩みが、なくなった」

「今まで踏んだりけったりの人生だったけど、何もかも上手くいくようになった」

と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

勿論、2つとも利用しても初回無料なので、まずはプロの占い師の幸せになれる鑑定結果を是非受け取ってみてくださいね。



お遍路さんでやってはいけないタブーに気を付けてお参りする

柏手を打つのはタブー!静かに手を合わせて

お正月に初詣に行くときに、神社に参拝する人も多いことでしょう。

つい神社仏閣に行くと柏手を打ってしまうということはありませんか?

お遍路さんで巡礼する場合、本堂や大師堂で柏手を打つのはマナー違反です。

手をたたくのは神社ですのでお遍路でめぐる寺院では、手を合わせるようにします。

仏教では左手を仏に、右手を自分になぞらえてそっと手を合わせましょう。

数珠を持って合掌すると菌は、数珠を右手の中指と左手の人差し指に掛けて、3回こすり合わせます。

数珠を左手に掛けて持ち、手を合わせ三礼してから合掌します。

本堂の前で、参拝経験のある方や参拝の案内をしてくださる方がいて、読経をされている場合には、同じように読経するようにします。

「出金」は縁起が悪い?正しい鐘のならし方

「出金」という言葉を知っていますか?

お寺を出るときに鐘を突くことを「出金(鐘)」といい、お寺を参拝する上でタブーとされています。

葬式のときには、遺体を火葬場に向けて運ぶときに、霊柩車が長くクラクションを鳴らしますよね。

「出金」はこの霊柩車のクラクションと同じ意味を持ち、縁起が悪いとされているのです。

お寺に来たら「今やってまいりました」という意味を込めて鐘を突くのが正しいマナーとなります。

金剛杖は御大師様だと思って扱うこと

金剛杖は前述したように弘法大師の身代わりとして大切に扱うことから、橋の上などでついてはいけません。

霊場の中には、巡礼中の弘法大師が、橋の下で休息をとったとされるエピソードがいくつか残っていることもあり、今も弘法大師が休む神聖な場所とされているところも少なくありません。

そのため橋の上で金剛杖を突くのはタブーとされています。

ろうそくはほかの人から受け継がない

本堂や大師堂にはろうそくを立ててある献灯台があります。

こちらでは先にお参りしている人がろうそくを立てていますが、他人から火をもらって点けるのは、マナー違反になります。

必ず持参したマッチやライターなどの着火具を使うようにしましょう。

線香を建てるときは奥から立てるのもマナー

本堂や大師堂には常香炉があり、線香を立ててお参りします。

線香に火をつけて常香炉に立てるときには、手前よりも奥から立てるようにします。

手前に立ててしまうと、後から参拝される人が、線香を立てる場所がなくなってしまいますよね。

他者を思いやる気持ちをもって参拝することも大切なマナーの一つなのです。

お遍路は心を平安にする修業

なんとなくブームに乗って参拝するのも構いませんが、できれば参拝中は心を穏やかに過ごすことを心がけるのも大切です。

教本に朱印を押してもらうことを目的にタイトなスケジュールをくんで駆け足で巡ったり、納経帳に朱印をもらうためにたくさんの札所を巡ることを目的にしたりするのは本末転倒です。

参拝の時に読経したり遍路道でお接待を受けたりしながら、心の平安を意識し、人との結びつきを考えたり、日ごろの感謝を意識したりする時間にできるように心がけたいですね。

お遍路さんのお接待は接待する人の気持ちを汲んで

お遍路さんのお接待って?

お遍路さんを巡っていると、無料で食事をごちそうしてもらったり、休憩や宿泊をさせてもらったりすることがあります。

「お遍路さんに巡って無料で休憩できた」とか「お遍路さんに巡ってタダでごちそうしてもらえた」とSNSなどで発信している人や、お接待目当てでお遍路をしている人も少なからず存在します。

お遍路では接待という考え方があり、無料でご飯を食べられるなどの、お遍路さんが受けられる特別なサービスではありません。

代わりにお遍路に行ってもらう信仰心がお接待

お遍路の八十八か所では、お遍路さんを接待する文化が根付いています。

お遍路さんの格好をした人に、軽食や果物やお茶を振舞い、休憩や宿泊まで促す施設や個人宅もあるのですが、お接待をする人は「代わりに自分の分もお遍路参りに行ってほしい」という願いが込められています。

お遍路さんにお接待を施すことで「大師様へ功徳を積んでいる」ということにもなります。

そのためお遍路でお接待を受けたときには、お礼はもちろん、自分の持っているお札を渡し、「読経」をしてお返しするのが習わしです。

お接待を受けたら感謝の気持ちを持とう

「お遍路するのだからお接待が当たり前」といった態度で振舞うことがないよう、お接待をしてくださる方には感謝の気持ちを込めることが大切です。

もし初めての巡礼やとっさのお接待で、お札を持っていなかったり、読経が上手くできなかったりする場合には、丁寧にお礼を述べることを忘れないようにしましょう。

お接待を受けることで、相手の気持ちを考えたり、人との結びつきを考えたりする機会にもなります。

信仰と社会との結びつき、一期一会について考えるよい機会を得られたことにも感謝して、巡礼をするようにしましょう。

心を落ち着かせ、人々の気持ちに感謝するのがお遍路

お遍路巡りを始めてみたいという人は、マナーや服装、タブーなどをしっかりと知っておくことや、お接待がお遍路さんに対するサービスではないことを念頭に置くことで、霊場巡礼の旅がより深いものになりますよね。

心を落ち着かせる巡礼の旅をぜひ満喫してみてください。

リビドーロゼ

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

コチラの記事を読んでくれてありがとうございます!

今日は、あなたにとって特別な日になります。

あなたは神様のお告げを信じますか?

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、神様のお告げを聞く事が出来ると、自分の潜在意識や、近い未来で起こる恋愛や運命の人との出会いなど、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがコチラの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

こちらの記事のような悩みにぴったりの占いです♪

いつも頑張ってるあなたへ!是非、初回無料の【神言鑑定】鑑定を試してみてくださいね!

※20歳未満は利用できません。





今、あなたに本当の奇跡が舞い降りる!

今話題の実力派鑑定士があなたお思え描く

輝かしい未来へとつなぐ架け橋となります。

なんと今なら初回鑑定料が無料!