シングルマザーは辛い!離婚して後悔する女性の理由と体験談

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
あなたの心の奥にある悩みの解決法、辛い気持ちから抜け出せる方法、本当に幸せになる為の方法を、お伝えします。

直感でお好きなタロットカードを選ぶだけで、選んで頂けたカードから、あなたが本当に幸せになれる方法をお伝え致します。

※オトナ女子に大人気!

あなたは今、夫と離婚すべきか…、それとも離婚しないべきか悩んでいませんか?

「夫に離婚を迫られてる…、どうすればいいのかわからない…。」

「夫婦関係が冷め切っていて離婚を考えてる…でも…。」

「仮に離婚したとして、その後幸せになれるのかな…。」

「子供の事もあるし…。」

どんな離婚理由だとしても、このような悩みは絶えないはずです。

そんな、離婚に悩むあなたに今回は

  • 離婚してシングルマザーになり後悔する理由
  • 離婚すると子供に出る恐ろしい悪影響
  • 実際のシングルマザーの体験談
  • 離婚はちょっとまって!本当に夫と離婚する前のチェックポイント
  • 夫から離婚したいと言われた場合の夫婦仲改善の方法

こちらの5つを紹介します。

離婚は人生の大きな節目となることは間違いないので、必ずこちらを最後まで読み参考にしてから今後進む道を考えてください。

見出し

離婚してシングルマザーになり後悔する理由

シングルマザーになり大変さに気づく女性

離婚してシングルマザーになり後悔する女性が急増しています。

現代社会では核家族化の問題もあり、夫婦仲が悪くなり始めても周りの家族が仲をとりもってくれたりする事はありません。

また家族がそばにいる事での離婚の原因となるようなことの抑止力もなく離婚という最後の選択まで行き着いてしまう夫婦が多いのです。

性格の不一致や、旦那の浮気などで妻が仕方なく離婚したとしても、その多くは離婚後の生活を甘く見ていて、「離婚して後悔している…。」という女性が殆ど。

シングルマザーになると、こんな後悔するポイントが出てくることを紹介するので、自分に当てはめてみて、よく考えて見てください。

想像以上に厳しい金銭問題

女性は、この離婚後の金銭問題を甘く考えて離婚する方が多いです。
とくに甘く考えがちなのが、もともと専業主婦だったり、仕事をしていてもパートなどの正社員でしっかりと家計を支えるような給与をもらっていなかった女性です。

「慰謝料や養育費をもらえるし、何とかなるだろう…。」

こんなふうに考えるかもしれませんが、例えば離婚調停で決まった養育費は、実は必ず全てもらえるとは限らないのです。

元夫の給料が下がったり、子供を育てる女性側の年収が上がったり、元夫に新しい再婚相手との子供ができた場合などは、養育費の減額要求に応じる必要があるケースと言えます。

例えば、あなたが離婚してからの夫の養育費をあてにして離婚を考えているのなら、それは夫の給与や生活環境で簡単にもらえる額が変わってしまうので、とても安易な考えと言えるのです。

また支払いが決まっていても、その養育費の支払いを滞らせたり、払わない男性もいます。

このお金を国が厳しくとりたててくれるかというと、そんなこともなく、実際問題支払う側の男性の意思に委ねられている部分が大きいのです。

子供が小さい場合の育児の過酷さ

シングルマザーになり、まだ子供が小さいなら過酷な育児環境がまっているでしょう。

今まで専業主婦だったり、金銭面、精神面で少しでも旦那に甘えていたのなら、一人で子供を育てる大変さがわかるでしょう。

勿論、家族が近くにいれば育児を手伝ってくれるかもしれませんが、それでも専業主婦だった女性の働き出しの給料は満足いくものではないでしょう。

  • 子供が病気をした時の治療費
  • 塾や習い事に行くための月謝
  • 子供のおもちゃや遊び道具
  • 学費、教材費

これらを、ずっとあなただけで払っていくことができるでしょうか?

子供が大きくなるにつれて、かかる費用も増えていけば、あなたもそれに合わせて給料が上がるように昇進していかなければならないのでしょう。

働こうとしても仕事が簡単に見つからない現状

結婚前は企業でちゃんと仕事をしていたし再就職もなんとかなるだろう!

なんて思っていると痛い目をみることになるかもしれません。

たとえスキルや資格があったとしても、シングルマザーで子持ちならば企業は雇うことを躊躇します。

逆の立場で考えてみればわかりますが、子供のことで急に休んだり、シングルマザーを雇うよりも、独身男性、または独身女性を雇ったほうが企業的には良いと考えるでしょう。

「でもアルバイトやパートなら何とか雇ってくれるんじゃ…。」

なんて思うかもしれませんが、アルバイトやパートは基本シフト制ですし、あなたが抜けた穴を埋めるのが今後大変と思われれば雇いたいと思ってもらえる可能性が低くなるのです。

あなたのスキルや資格うんぬんではなく、シングルマザーということだけで仕事が貰いにくいという現状があります。

新しい恋愛や再婚への希望を壊す現実問題

けっこうモテるほうだし、いつか素敵な人に巡り合い再婚できるはず。

と離婚を考える女性のなかには、このような気持ちがある人もいるでしょう。

しかし20~50歳の男性にアンケートをとったところ、シングルマザーを選ぶ男性は100人に1人以下。

あなたを男性100人が「少し良いな…。」と思ってくれても、そのなかでシングルマザーのあなたとの、真剣な交際を考えてくれるのは1人以下ということです。

ポイント
ということは、これからも100人以上の男性からアプローチされるような予定が明確にあるのなら、離婚後の違う相手との再婚を期待してもいいですが、そうでないなら甘い期待は抱かない方が現実的と言えます。

離婚した人という世間の偏見の目

離婚した人に対しての世間の偏見の目はまだまだあります。

離婚する夫婦は多いといえども、離婚していない人からすれば、

「何か問題のある人」

というレッテルが貼られてしまうのです。

たとえ離婚の原因が夫にあったとしても、そのような夫と結婚していた、そして離婚したという現実があります。

離婚した同士ならば、分かり合えることもありますが、離婚していない人からすれば、まだまだ離婚経験者への偏見の目は少なくないのです。

不安・寂しさ・一人でいる事への絶望感

今まで夫に金銭面や精神面で頼っていたなら、離婚しシングルマザーになると不安や寂しさ、一人でいる事への絶望感を強く感じるでしょう。

「私は精神面で旦那にたよったことなんて一度もない!」

なんて気持ちの強い女性もいるかもしれません。

でも実際には結婚して旦那に働いてもらってきている以上、あなたは精神的にも多かれ少なかれ夫に頼っている状態なのです。

ポイント
離婚直後は何かをやり遂げたようなスカッとした気持ちになる女性も少なくありません。

でも離婚後、1週間、1ヶ月と時間が経つと言い知れぬ不安と寂しさ、今後一人でやっていけるかの絶望感を感じる女性が多いのです。

離婚すると子供に出る恐ろしい悪影響

離婚後に非行にはしる子供

離婚をするということは、子供の人生も大きく変えるということです。

両親が不仲であったり離婚したりすると、その多くの子供は非行にはしったり、精神的な問題を抱えることが多くあります。

このような内面の問題を抱えると、当然ですが人間関係、社会生活がうまくいかず、何事も上手くいきにくくなるでしょう。

本人も疎外感や劣等感を感じ続けるので、何事も前向きに考えられなくなり、おのずと幸せな人生は歩きにくくなります。

ポイント
とくに子供がまだ幼い時は、あたえる精神面での悪影響が大きく、自分だけの問題ではなく離婚は子供の問題でもあると考えてください。

離婚した家庭で育った子供の4人に1人が精神的な問題を抱える

離婚をする時は、当然ですが我が子にも確認、周知をするでしょう。

たとえ本人が「大丈夫」と答えたとしても、その4人に1人が專門的な治療をその後にしなくてはならないほどの、精神的なダメージをもつというデータがあります。

その大きな理由は、両親の離婚により、

「僕も捨てられたらどうしよう」

という不安と、

「愛情を受け取れる機会が少なくなる」

「また愛情を素直に求められなくなる」

という事にあります。

子どもの時に当たり前に感じれるような愛情が感じられなくなることで、その子供の人生を大きく変えてしまうのです。

子供が大人になり結婚しても、その相手と離婚する可能性が高くなる

親が離婚した家庭の子供は将来未婚のままで暮らしたり、結婚しても離婚してしまう確率が離婚していない親の子供とくらべると、3倍にもなると言われています。

これは両親が離婚したことで、結婚への幸せなイメージを持ちにくかったり、結婚したいと思っても、離婚になることを恐れすぎて慎重になりすぎ婚期を逃してしまうからです。

また結婚したとしても、自分は幸せになれないというマイナスなイメージを子供のときからもっている事で、パートナーと気持ちのすれ違いが大きくなりやすく離婚してしまう可能性も高くなるのです。

とくに子供がまだ小さい時の離婚は、こういった影響が強く出やすいでしょう。

素行が悪くなる・犯罪を犯す可能性が上がる

両親が離婚をすると、変わってしまった生活環境や、本人の精神的な原因から親からの愛情がもらいにくくなります。

そうなると、そのやりきれない気持ちをどこかで発散するために、非行に子供が走るケースも少なくありません。

あなたがシングルマザーになることを考えているのなら、子供との時間がとりにくくなるのは何となく想像できるでしょう。

そうなれば、あなたの知らないところで子供の非行はエスカレートし、引き返せない犯罪を子供が犯してしまう事だって考えられます。

子供が非行に走る原因の多くは家庭問題や両親の不仲です。

ポイント
それがきっかけとなり、悪い仲間と一緒にいるようになり、それがエスカレートし犯罪に繋がることもあります。

ゲームやタバコ、何かしらへの依存度が高くなる

親が離婚した家庭の子供は、何かしらへの依存度が高くなる可能性が高いです。

これは親が離婚する事で、「僕は誰にも愛されなかった」という不満や不安がつねに付きまとうようになるからです。

つまり、この気持ちの裏返しは「誰かに愛されたい」「必要とされたい」という欲求がでてくるということです。

なので、SNSやゲームの中で誰かに必要とされたり、自分の居場所はここだと思ってしまうと、その事への依存度が高まりやすいのです。

「それなら親が愛してあげれば…。」

なんて思うかもしれません。

でも子供からみれば離婚した両親、いつ自分が捨てられるかもわからないので、素直に愛情を受け止めることができなくなっているのです。

何かに依存しやすくなれば、それ以外の事が疎かになり、学業や生活が上手くいかない事が考えられます。

自分は幸せになれないと思い込み何事にも積極的になれなくなる

幼い時に両親の離婚で、心のダメージを受けていると、

「自分は幸せになれない…。」

というネガティブな思い込みがつねにあるようになります。

それによって恋愛でも仕事でも私生活でも、全てに積極的になれなくなるのです。

積極的になれない、チャレンジ精神が少なくなるということは、チャンスを逃すということです。

チャンスは誰にでも平等にありますが、それを掴むには勇気をださなければいけません。

それができないということは、社会での競争でチャンスを失い幸せになりにくくなると言う事なのです。

実際のシングルマザーの体験談

シングルマザーのリアルな体験談

こちらでは、実際に離婚しシングルマザーになった女性の体験談を紹介します。

どれもリアルな実際の体験談なので、自分に当てはめながら参考にしてみてください。

「自分が夫に支えられてたと気づきました…。」(34歳・女性)

夫は一人っ子、私も一人っ子でお互い我が強く、毎日衝突してばかりだったんです。

子供が生まれてすぐはちょっと落ち着きましたが、3ヶ月を過ぎた頃から今度は子供の育て方でも喧嘩が絶えなくなって。

それで主人は嫌気が差したようで、離婚届けを突きつけられました。

その頃は私もそろそろ限界だと思っていて、反対する事なく離婚を承諾したんです。

でも、それは大きな間違いでした…。

夫と離れて1人でアパート暮らしを始めたんですが、1人だから一瞬たりとも子供から目が離せない。

稼いでくる役目と家で子供を守る役目を両方しなくちゃいけない。

最初はベビーシッターさんが見ててくれれば大丈夫だし!なんて甘く考えていた自分を呪いたいです。

やっぱりお金を払って見ていてくれる人と自分の子供として見ていてくれる人の目や愛情の掛け方は全く別物なんですよね。

夫がいろいろ怒っていたのもそれだけ子供のことを本気で考えていたからなんだ、ってようやく気づけました。もう遅いですが…。

この子を守れるのは私しかいないんだと改めて気づいた今、その役目を果たせるのか不安で仕方ありません…。

「1人での子育てには限界があります」(31歳・女性)

私は子供が1歳半の時に離婚をしました。

主人の浮気が原因だったので、慰謝料は受け取っていますし、養育費も振り込んでもらっています。

そういう意味で金銭的な不安はあまりなかったのですが、ちょうど子供のイヤイヤ期が始まった頃で、精神的に本当に大変でした。

朝の着替えから食事から、買い物に行く時や病院に連れていく時など、何をするのでもイヤイヤと反抗され、毎日イライラしたりクタクタに疲れたり、本当に気が休まる時がなかったです。

つくづく、子供というのは父親と母親2人が揃って育てられるように設計されているものなんだと思いました。

今はイヤイヤもだいぶ落ち着いてきましたが、今度は本格的な反抗期の兆しが見えていて怯えています。

いろいろ調べてみると天邪鬼そのもので、言ったことと全部逆のことをするとか…

今でも自分の精神力がかなり削られているので、反抗期が始まったらどうなってしまうのでしょうか…

寄り掛かれる人がいないのは本当にきついです。

「誰も私を女として見てくれなくなりました…」(24歳・女性)

自分で言うのもなんですが、元々結構モテていたんです、私。

ナンパとか知人の男の人から告白されたりも日常茶飯事だったし、そんな自分にちょっと自信もありました。

そういう中で元旦那と出会い、1年ぐらい付き合って結婚しました。

誰より優しくて尽くしてくれたから、この人となら幸せになれると思って結婚したんですが、私のわがままが行き過ぎちゃって段々冷たくなっていき、耐えられなくて私から離婚してほしいとお願いしました。

そのちょっと前に妊娠が発覚していて、離婚するならおろしてほしいと言われたんですが、私にはどうしてもできなくてシンママとして産む事を決意しました。

きっと実家も助けてくれるし、そのうち一緒に育てていける素敵なパートナーが見つかるとその時は思い込んでいました・・

確かに妊娠中でも可愛いね!って言われる事はまだまだあったんです。

妊娠中でこれだけ言ってもらえるなら大丈夫・・って思ってました。

でも、出産して落ち着いてしばらくして、出会いをみつけよう!と思ってもみんな子供がいる事が分かるとさーっと引いていくんです><

母親として見てしまうと言われて本当にショックでした・・私このまま一生1人なのかもと思うと怖いです><

「全ての責任がのしかかってくる…もう辛いです」(37歳・女性)

シングルマザーになってみて、改めて自分の親を尊敬しています。

子供を持つ身として、私は子供を守るために離婚を決意しました。

旦那からの暴力、暴言。

こんな危険な場所に子供をおいてはおけないと思ったのです。

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した初回無料のメール占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で気になる彼との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。



▼初回無料!タロット占い▼


一時行政支援やシェルターを利用し、そこから自活の道を探したのですが、子供がいるという事でなかなか仕事も決まらず辛い日々でした。

なくなっていく貯金と増えていく不採用通知に毎日泣いていました。

ようやくパートでの飲食店勤務が決まり、なんとかその日その日を生きていく事はできるようになりましたが、この子が大きくなれば小学校、中学校、高校と進学していくためのお金も必要になりますし、そのためには貯金をしなくてはいけない。

それだけの余裕を作る術が今の私にはなく、今度は未来の事を思って毎日泣いてしまいます。

子供を愛している。

子供を大切にしたい。

その気持ちから決断した離婚でしたが、今では本当にこれで良かったのか自問自答を繰り返しています。

私の決断は正しかったのでしょうか。

私の親もシングルマザーでした。

父の暴力から逃げたと話していました。

私は母のように強く生きていけるのか、泣きながら暮らしている今は答えが見つかりません。

「子供を不幸にした自分を毎日責めています」(40歳・女性)

私と旦那は子供が7歳の時に離婚しました。

いわゆる性格の不一致というやつで、周りに話すと今更…?なんて言われたりしてショックを受けたのを思い出します。

確かに子供もある程度大きくなってきて、前のようには手がかからなくなっていたのもあり、安心というか油断していたんだと思います。

子供も分かってくれるだろう、そんな甘い認識がありました。

私たちの離婚のせいで、子供は小学校2年生で転校を余儀なくされました。

それまで明るくて活発なガキ大将だった息子は、新しい環境に馴染めずふさぎがちになり、不登校になってしまったんです。

家でも会話が少なくなって、自分の部屋にばかり閉じこもって…。

私もどうして良いか分からず、いろいろ相談を受け付けてくれる機関に出向いたりしたのですが、ろくに学校にも行かないまま息子はもう16歳になってしまいました。

高校を受ける気はないんだそうです。

もし離婚しなければ、息子は活発なまま友達と学校生活を楽しんで、沢山楽しい経験ができたかもしれないのに…。

私のせいで子供の人生を奪ってしまったのです。

取り返しがつかない事をしてしまったと、毎日自分を責めています…。

離婚はちょっとまって!本当に夫と離婚する前のチェックポイント

離婚前にチェックするべき事

あなたが夫との離婚をかんがえているのなら、こちらの夫と離婚する前のチェックポイントを参考にしてください。

焦って離婚をしてしまうと、恐ろしい問題や絶望的な現実を見る可能性もあるので、絶対にチェックしましょう。

離婚後のお金は?

離婚する上で一番現実的に向き合わなければいけないのが、お金の問題です。

お金に関して考えるべきポイントは2つあります。

1つは収入、もう1つは貯蓄や資産です。

まず収入について、最も大切になるのはこれまで定期的な収入があったかどうか。

少なくとも定期的な収入が1年くらいはないと、賃貸物件を借りたり色々な契約を行うのに審査が厳しくなってしまいます。

額の大小というより毎月決まったタイミングでまとまったお金が手に入るかどうか、つまり安定した収入があるかどうかが重要なポイントです。

まだこうした収入を確保できていない場合は、今すぐにでもパートやアルバイトを始める事をおすすめします。

次に貯蓄や資産について。

子供を抱えて離婚するとなると、当面の生活資金は安心のために準備しておきたいものです。

その目安となるのが3ヶ月分です。

子供の年齢によっても大きく変わってくる部分ですが、算出方法としては貯金などプラスのためのお金は後回しにして構わないので、食費や家賃、学費など生活を維持するために必要なお金が月いくら必要なのかをまず考えてください。

ポイント
それを3ヶ月分程度貯められれば、離婚後もある程度落ち着いて今後の生活基盤を整えられます。

子供は離婚して幸せになれる?

離婚を経験した子供は、まず例外なく自分を責めると思ってください。

自分が悪い子だから、自分にお金が掛かるから、自分が両親の間を取り持てなかったから等と何かしら自分を責める材料を胸のうちに抱えてしまいます。

ですから、子供が幸せになれるかどうかは、如何にその部分をケアできるかに掛かっています。

厳しい言い方になってしまいますが、離婚は親の都合でするものですから、間違っても子供に「あなたのせいで」などと言ってはいけません。

また、一番効果的なのは離婚して前より幸せそうにしているあなたを見せる事です。

離れたのは良い事だったんだと感じさせる事ができれば、子供の精神面を深くケアできます。

実生活においては、やはり母子家庭というだけでいじめを受けたり、心無い言葉を掛けられる、将来的に職種によっては就職や結婚で不利になる、という点は覚悟しなくてはなりません。

ポイント
子供がある程度の年齢になったらそういう未来の可能性をきちんと伝え、その時が来たらどう対処するかも話しておく必要があります。

離婚後、ずっと再婚できずに孤独に暮らす事があっても平気?

離婚してすぐはやはり寂しいものですし、このまま一生独りきりで過ごす可能性を想像するのは不安なものだと思います。

確かに再婚せず1人で生きていくとなれば、老後の対策は早めに手を打っておいたほうが安心です。

老後を困らずに暮らすには60歳定年で3000万、生活を維持するだけでも1700万程度は必要であるという試算があるため、それに達するような貯蓄計画を立てられるならば1人で生きていく事も問題ないと言えます。

また、定年後も希望者は65歳まで働けたり、その後も仕事をさせてもらえるケースもありますから、現役期間を長くするための資格取得、人脈や体力を育てておく意識も大切です。

精神面では結婚という形にこだわらなければパートナーを得る事は比較的難しくありません。

同じく離婚を経験している男性であれば理解も得やすいですし、結婚という縛りなく一緒にいられるのは意外とお互いのメリットが一致するものです。

ポイント
結婚に縛られず、柔軟な関係で付き合える余裕を持つ事が孤独から抜け出すポイントになります。

安い給料でも幸せに暮らして生きてけるか?

実は幸福度と賃金の高さは必ずしも比例しません。

年収200万から600万くらいまではさほど幸福度が変わらない、という調査結果もあり、それ以上の収入になると今度は責任や気苦労が多く、むしろ幸福度が下がるという結果もあるくらいです。

手取りが少ない人が不幸を感じる時は、

「お金があったらもっと幸せなのに」

と自分より上の収入を羨んでしまう時です。

そうではなく、今の収入の中で生きる工夫をする事、学べる事を見つけて自分を成長させ、そうした知恵が付いていくのを楽しめるようになりましょう。

決められた食費の中でお料理をするから料理の腕が上がる、新しい服を買うのではなく直したりリメイクするから手芸の腕が上がる、というものです。

手に入らないものを眺めるのではなく、自分が手にしているものの中で満足感を得られるよう工夫する。

そうすれば豊かな心で生きていけるので、人生がより幸せなものになります。

夫から離婚をしたいと迫られていても、夫婦仲改善方法は試したか?

旦那に離婚したいと言われると、それしか道がないように感じてしまう女性は少なくありません。

離婚を突きつけられるまでには沢山の喧嘩やすれ違い、それに伴うストレスや疲れが生まれているはずですから、

「離婚すればそれらから逃げられる」

という発想になりやすく、その結果あまり深く考えずに別れを受け入れてしまうケースが多いです。

しかし、冷静に考えればまだ修復の可能性が残されている場合もあります。

お互い感情的になっている場合やどちらも意地を張っているような状態、旦那と離れている時は「もうちょっと優しくしても良かったかな」と思えるような状態ならば、離婚を決断する前に一度関係修復を試みたほうが後々後悔しません。

普段よりも旦那に笑顔を向けてみる、旦那が好きな食事を作ってみる、「お帰りなさい」や「お疲れ様」などねぎらいの言葉を増やしてみるなど、少し歩み寄るだけでも意外と距離が縮まったりします。

離婚の意思が固まっているような時はこうした行動を起こすのに抵抗を感じてしまうと思いますが、

「これをやって駄目だったら、もうやり直す余地は100%ない」

と吹っ切る材料にもなりますし、後悔を残さないという意味で一度試してみるのがおすすめです。

夫から離婚したいと言われた場合の夫婦仲改善の方法

夫婦仲改善に成功した男女

ここまで読んでいただき、

「やっぱりシングルマザーになりたくない…。」

「夫から別れたいと言われてるけど、なんとか離婚回避したい…。」

「子供のためにも絶対に夫婦仲を改善したい…。」

と思った女性も少なくないでしょう。

そんなあなたに、今すぐできる夫から離婚したいと言われた場合の夫婦仲改善の方法を紹介します。

夫の離婚したい気持ちをまず受け入れる

あなたが旦那から離婚したいと言われているのなら、その気持ちを一度受け入れましょう。

「それじゃ離婚が成立しちゃうんじゃ…。」

と感じると思います。

でも、あなたの離婚したくない気持ちと、夫の離婚したい気持ちが真っ向からぶつかっている状態なら、話し合いすらできないでしょう。

そうなれば夫が選ぶのは離婚調停、離婚裁判です。

これらは、関係改善の話し合いをする場ではなく、どう円満離婚をするか話し合う場なので、できれば離婚調停や離婚裁判は避けたいものです。

その悪い方向に進むことを避けるために、旦那の離婚したい気持ちを受け入れましょう。

私はあなたに気持ちはあるけど、あなたの考えを尊重して離婚を前向きに考えるね。

という気持ちを旦那に感じさせましょう。

あなたが離婚を前向きに考えているのなら、無理に離婚調停や離婚裁判を起こす必要も夫はありませんし、その離婚を出来るだけ安全に引き伸ばす間の中で夫婦仲改善を目指すのがベストなのです。

ポイント
離婚する、離婚しないで考えがぶつかるよりも、同じ離婚をする方向を一度向くことで、共同作業や話し合いの場も生まれますので、その中で関係再構築を目指しましょう。

別居は可能な限りしない

可能な限り別居はしないでください。

夫から、別居したいと言われても出来る限りしないようにしましょう。

なぜかと言うと、別居は体のいい離婚の準備期間だからです。

「お互い、気持ちが落ち着くように別居しよう…。」

なんて夫に言われれば、離婚したくない妻からすれば、

「ここで事を荒立てるよりも、落ち着く時間も必要だし…。」

と良い顔をしようと別居を認めてしまうかもしれません。

でも、そのあとに旦那が用意周到に離婚届けも今後の生活も自分だけ整えてきて、いっきに離婚を迫ってくる可能性が大なのです。

離婚したい側からの別居の提案は、離婚前の準備期間をください!と言っているのと同じことなのです。

ポイント
できる限り離婚を引き伸ばして、その中で関係改善をするためには、別居は可能な限り避けましょう。

子供のことをネタに離婚したくないと言わない

お子さんのことを離婚したくない理由にあげる女性もいますが、絶対にやめましょう。

旦那だって離婚したいと言った時は、そんなことは百も承知で言ったはずです。

なのに、あなたが子供をネタにして鬼の首でもとったかのように、

「子供はどうするの…?自分のことばかり考えないで欲しい…。」

「こんな時期に離婚だなんて…、子供の将来を真剣に考えてくれてるの…?」

こんなふうに言われたら旦那もカッと感情的になってしまうでしょう。

そんな子供のことも百も承知で離婚したいといっているのに、子供をネタにしてくるなんて夫からしたら愚の骨頂でしかないのです。

あなたと夫の間での問題は、2人で解決しなくてはいけないのです。

ポイント
子供のことは、その延長線上にあるだけで、根本を解決しなくてはいけません。

妻としてではなく女としての魅力を感じさせる

夫があなたを選んでくれた、あなたと結婚を考えてくれた理由はなんですか?

それは、きっとあなたに女性としての魅力を感じたからでしょう。

  • あなたにキスをしてくれた事
  • あなたの体を求めてくれた事
  • 気遣いや優しさを見せてくれた事

これらは、あなたに女性としての魅力を感じたからこそ、旦那がしてくれた行動なのです。

もしも、あなたが離婚回避をし、同じように愛してほしいと願うのなら、妻としてではなく女として魅力をアップして夫に感じさせましょう。

「そんなこといっても、もうこんな歳だし…。」

なんていう女性もいますが、女は何歳になっても女です。

ヘアースタイルを整えて、メイクをし、綺麗な服をきれば、いつでも魅力的になれるのです。

  • ダイエット
  • ファッション
  • メイクやネイル
  • ヘアースタイルを変える

どんな事でもいいので、今まで以上に女としての「美」を磨いてみましょう。

そうすることで、夫のあなたを見る目が変わってくるはずです。

あなたを見る目が変われば、話し合いもしやすくなりますし、そのなかで良い変化、あなたの女性としての魅力をもっとそばで感じてもらえます。

そうなれば夫から、

「こいつこんなに素敵だったんだ…、離婚はやっぱりやめようかな…。」

と考えてもらえます。

妻としてではなく女として魅力を感じてもらうのは夫婦仲改善の効果的な方法と言えます。

内面も大切ですが、その良い変化のあった内面を見てもらうためにも、外見の良い変化で旦那の心を再びグッと引き寄せてみてください。

夫を尊敬し男性心理とプライドを満たす

男性が離婚したくなる理由は様々ですが、離婚を意識し始めるきっかけの根本にあるのは

「自分は必要とされていない」

という虚しさです。

この虚しさがあるから、必要としてくれる女性と浮気に走ったり、虚しさを打ち消そうとして暴力や暴言を振るってしまったりするのです。

この根本的な虚しさを癒してあげる事ができれば、離婚回避に効果的です。

そのためには、旦那を尊敬し、男としてのプライドを満たす必要があります。

自分よりも優れている点、周りの男性よりも優れている点や旦那がこれまでこだわってきた事、続けてきた事をまずはできるだけ見つけてください。

それらを見つけたら、近くで見ているあなただからこそ言える言葉で褒めたり尊敬を伝えるのです。

ただし、自分や他の男性と比べて優れている点を伝える時、具体的に「○○よりも凄いね」と比較対象をはっきり伝えるのはNGです。

いつも比べられている、他人の方が優れていればそちらを褒めるんだという印象が不信感に繋がってしまうので、

「あなたは○○が凄いね、他の人にはできないよ」

と比較対象をあえてはっきりさせないのがコツです。

シングルマザーになり後悔する前に離婚回避をしよう

シングルマザーになると、想像以上の苦労や問題があなたを待っています。

あなたの為にも子供の為にも、離婚を考えたとしても、焦らずじっくりもう一度考えてみてください。

また、

「旦那が浮気をしている…。」

「夫婦関係が冷め切ってる…、このままじゃ離婚になるんじゃ…。」

「夫の不倫に困っている…。」

「どうしても離婚したくない…。」

という方は、「離婚したくない!不倫離婚を考える夫と別れたくない時の離婚回避方法」や「セックスレスの原因と離婚しない為の夫婦仲改善法と打開策20選」も参考にしてください。

リビドーロゼ

【期間限定・6月24日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

コチラの記事を読んでくれてありがとうございます!

今日は、あなたにとって特別な日になります。

あなたは神様のお告げを信じますか?

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、神様のお告げを聞く事が出来ると、自分の潜在意識や、近い未来で起こる恋愛や運命の人との出会いなど、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがコチラの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【神言鑑定】を無料でプレゼントします!

片思いのあの人や彼氏の神様のお告げも聞いたり、相性診断もできます♪

いつも頑張ってるあなたへ!是非、無料の【神言鑑定】鑑定を試してみてくださいね!

※20歳未満は利用できません。




▼初回無料!タロット占い▼



当サイトのLINE@に登録して頂けると不定期に、恋愛に役立つマル秘情報をお届けします。

LINE@のアカウント名は「恋愛メディア事務局」です。

沢山のお友達登録お待ちしております。

友だち追加